【えび】美味しいえびはどれだ?殻付き養殖えびの見分け方。

どうもアラサー男子オスギです。
お盆休みですね。
実家に帰省されている方も多いと思います。

 

今日は自分が仕事で取り扱っているえびについてお話ししたいと思います。
お盆休みなので、食べる食事も少し豪華だったりすると思います。
そこで、もしえびをスーパーで買って食べる場合、少しでも美味しいえびを食べて欲しいと思うので、美味しい養殖えびの見分け方を産地からみていきたいと思います。

 

 

養殖えびの種類


えびにもたくさん種類があります。
有名なものでいうと、車海老、甘エビ、ボタンエビ、ブラックタイガーえび、バナメイえび、芝海老などなど。
この中で養殖えびがどれかわかりますか?

 

養殖えびはこの世の中で2つあります。
それは
ブラックタイガーえび
バナメイえび
の2つです。

 

スーパーでは解凍されてトレーパックの中に入れられて、冷蔵ケースに陳列されている多くは養殖えびです。
日頃から皆さん手にすることが多いと思うので、この養殖エビの見分け方を次でご紹介したいと思います

 

 

一番わかりやすい産地で見分ける


えびの美味しさの見分け方ですが、自分が仕事をしている時はえびの産地、触った感触、見た目など様々なところを見て総合的に判断します。
しかし、スーパーではトレーパックのサランラップを取り外して実際にえびを触るわけにはいきません。
見た目での判断はできますが、微妙な差があったりするので、正直ブログでお伝えするのは難しいです。(申し訳ありません、、、)

 

そのため、今日は産地での見分け方を紹介します。

 

まず、産地がどこに書いてあるかということですが、必ず商品に書いてあります。
書いてある場所はトレーパックの表面や裏面に貼られている一括表示になります。
「原産地:インドネシア」や「バナメイエビ(インド産)」などと書かれています。

 

養殖えびであるブラックタイガーえびとバナメイえびですが、産地によって、特色があります。
それではどの産地のえびが美味しいのか、その傾向を見ていきましょう。
ちなみにえび製品はいろんな形態があるので、今回は頭が取れていて、殻はついている状態のえびで説明します。
通称、「無頭殻付きえび」と言います。

 

養殖は東南アジアがメイン、バナメイえびの場合は中南米もある


ブラックタイガーえびとバナメイエビはほぼ東南アジア(インド、インドネシア、ベトナム、ミャンマー、フィリピンなど)で養殖されています。
そしてバナメイえび中南米(ペルー、エクアドル、ホンジュラス、など)でも養殖されています。
他の国でも養殖されていますが、これらの国がメインなので、これらを、見ていきましょう。

ブラックタイガーえびの場合(ベトナム産・フィリピン産のブラックタイガー無頭殻付きえびは搬入される量が少ないので割愛します)
個人的な評価
インドネシア ≧ ミャンマー >>> インド

 

バナメイえびの場合(ミャンマー産・ベトナム産・インドネシア産のバナメイ無頭殻付きエビは搬入される量が少ないので割愛します)
個人的な評価
中南米 > フィリピン >>>インド

 

上記の評価は私個人の意見です。
正直な話、人によって意見は分かれると思います。
特にブラックタイガーえびは人によって評価がまちまちですが、バナメイえびはほとんどの人が上記の順番になるのではないかと思います。

 

バナメイえび、なぜ中南米産を一番上にして、インド産を一番下にしたのか


最後にバナメイえびの順番で、中南米産を一番上にして、インド産を一番下にしたのかを説明して今日は終わろうと思います。

 

中南米産のバナメイえびですが、圧倒的に東南アジア産のえびに比べると甘みがあり、本来のえびの味がしっかりとが残っていて、私はとても美味しいと感じます。
なぜこのような違いが出ているのか科学的に証明されていませんが、一般的に言われているのは、広大な養殖池(20−30ヘクタール)でえびを養殖しているからと言われています。

 

インド産のバナメイえびですが、これは中南米産やフィリピン産のえびと食べ比べてみるとわかりますが、味が水っぽくてえび本来の味が抜けてしまっていることが多いです。
これは様々な理由があるのですが、えびを養殖池から収穫した後に工場まで運ばれる時間がとても長かったり、工場内での生産スピードが遅く、えびが氷水に浸かっている時間が長いことが影響していると言われています。
インドの場合、まだ交通網のインフラが整備されていなかったり、養殖池から工場までがとても遠いなどの要因もあります。
これはブラックタイガーえびでも同じことが言えます。
その為、ブラックタイガーえびでも私は一番下にしました。

 

 

簡単に産地ごとの評価を私の個人的な感想でつけました。
えびの仕事をして7年目なので、この評価に対して自信を持っていますが、やはり味覚は人それぞれです。
私が美味しいと感じるものをまずいと感じる人もいますし、その逆も然りです。
なので、機会があればいろんな産地のえびを食べ比べて、自分が美味しいと思う産地のえびを見つけてみてはいかがでしょうか?

 

ではでは

 

オスギ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください