【LGBTQA】最近よく聞くLGBT。結局これってなんなの?

どうもアラサー男子オスギです。
今日は自分の関心のある話LGBTQA+について。
LGBTまでは聞いたことある人も多いと思いますが、それってそもそもなんなの?ってところと、QとAと+って何?ってこと。
そして、これにまつわる言葉についてすこしでも皆さんに知ってもらえればと思っています。

 

今回の記事について1点だけ、最初に言わせてください。
言葉の定義や考え方など、人によって解釈が違ったりしますので、人によっていう事が違ったりします。
それを踏まえて読んでいただければと思います。

 

 

LGBTQA+の説明の前に

 

LGBTQA+とはそれぞれ頭文字をとって並べた言葉です。
それぞれの頭文字の説明の前にLGBTQAの概念についてお話します。

 

LGBTQA+とはセクシャルマイノリティ(性的少数者)のことを一纏めにした呼び方です。
セクシャルマイノリティ(性的少数者)とはざっくりいうと異性愛者ではない人の事です。
(厳密にいうとそうとも言い切れないですが、わかりやすくざっくりというとってことです。)
世の中を見渡すとわかると思いますが、多くの人は異性愛者です。
男性の場合女性を好きになり、女性の場合男性を好きになる。
そういう人の事を異性愛者と言います。
ただ、この世の中は異性愛者だけしかいないわけではなく、同性愛者やそもそも恒常的に誰の事も愛さない人もいるのです。
そして、そもそも自分の体の性別と心の性別が一致していない人や、自分の性別が自分でわからない人もいます。
いまいちイメージしづらいかもしれませんが、そういう人がいることは事実であり、そういう人たちの事を総称してセクシャルマイノリティ(性的少数者)と呼んだり、LGBTQA+などと呼んだりします。

 

 

もう一つLGBTQA+の説明の前に知っておいてほしい事

 

前置きが長くて申し訳ないですが、LGBTQAの説明の前にもう一つ説明したいことがあります。
それは「生物学的性」「性自認」「性的指向」。
これらを説明すると
生物学的性:自分の身体的な特徴による性別
性自認:自分の事をどの性別だと自分が認識しているか
性的指向:どの性別の人を好きになるか
この3つを理解しているとLGBTQAの説明もすんなりと頭に入ってくると思います。

 

 

LGBTQA+、それぞれ何か

 

それでは一つずつ頭文字がどんな意味なのかご説明します。
ただ、それぞれの定義がまだ確実に固定されていないので、人によって解釈が違ったりします。(そもそも性的指向などは流動的で固定されたものではないので、言葉で定義するのが難しかったりします。)

 

L:レズビアン(Lesbian)女性同性愛者
⇒生物学的性・性自認が女性で、性的指向は女性

 

G:ゲイ(Gay)男性同性愛者
⇒生物学的性・性自認が男性で性的指向は男性

 

B:バイセクシャル(Bisexual)両性愛者
⇒性的指向が男性・女性。(生物学的性と性自認は関わってこない)

 

T:トランスジェンダー(Transgender)
⇒生物学的性と性自認が一致していない。(性的指向は人それぞれ)
簡単にいうと体は男性だが、自分は女性と思っている。または、体は女性だが、自分は男性だと思っている。
(人によっては「性同一性障害」という人もいるが、自分は「障害」って言葉がすきではないので、そうは呼びません)

 

ここまでで良く耳にするLGBTの説明です。
なんとなく理解できたでしょうか?
自分の周りにLGBTの人たちがいて、話を聞いたことがある人だとイメージしやすく頭にすっと入ってくると思います。

 

さてここから先に紹介するQとAと+これはあまり聞きなれないと思います。
でも世の中にはこういう人もいるんだよということで知っておいて頂けると嬉しいです。

 

Q:クエスチョニング(Questioning)
⇒自分の性自認や性的指向が定まっていない
(クィア Queerと言われるときもあります)

 

A:アセクシャル(Asexual)無性愛者
⇒他者に対して恋愛感情や性的欲求を抱かない

 

+:プラス(Plus)
⇒今までに挙がってこなかった、その他のセクシャルマイノリティ

 

ここまで読んで下さった方ありがとうございます。

 

 

どうもイメージしづらいと思います。
自分も正直言葉は知っていても実際にクエスチョニングの人やアセクシャルの人と会って話をしたことがないので、わからないことが多いです。
でも世の中にはこういう人たちもいるんだとわかっているだけで、人に対する接し方は変わってきます。
なので、皆さんにも知って欲しいと思い、紹介しました。

 

 

世の中にはいろんな人がいる

 

色々と新しく知る言葉や意味が多かったと思うので、まだセクシャルマイノリティについて書きたいことはたくさんあるのですが、今日はこの辺で終わりにしておこうと思います。
前述したのですが、世の中には本当にいろんな人がいます
その一例として性的少数者(セクシャルマイノリティ)について書きました。
(究極的にいうと、人は一人一人みんな違います)
こういう人も世の中にはいるんだな、という事を頭の片隅にいれて欲しいと思っています。
別の記事で「常識」について書きましたが、自分の知っていること・常識だけが全てではないのです。

 

 

参考記事:常識とは固定されたものではない。海外に出てみて気付いたこと。
https://osugi-kz.blog/2018/07/16/common-sense/

 

ちなみに今回LGBTQA+と7つ紹介しました。
+について補足したいと思います。
性的少数者(セクシャルマイノリティ)は今回紹介したもの以外にもたくさんの種類があります。
Xジェンダーやパンセクシャル、ノンセクシャルなど。
これ以外にもまだまだあると思います。
それだけ性って多様ってことです。
グーグルで検索すれば言葉の意味などはすぐに出てくるので、興味がある方は調べてみてください。

 

今後もちょこちょこ、性的少数者(セクシャルマイノリティ)について自分の思う事などシェアしていこうと思っています。

 

 

ではでは

 

 

オスギ

5 件のコメント

  • […] どうもアラサー男子オスギです。 今回はセクシャルマイノリティのシンボルである「レインボーフラッグ」について。 セクシャルマイノリティって何?って方は過去にセクシャルマイノリティについての記事を書いたので、興味があったら読んでみてください。 参考記事:最近よく聞くLGBT。結局これってなんなの? […]

  • […] 巷で話題になっていますが、杉田水脈氏の寄稿【「LGBT」支援の度がすぎる】、気になったので、「新潮45」の8月号を買いました。 LGBTについての参考記事:最近よく聞くLGBT。結局これってなんなの? […]

  • […] 先日、レズビアンの方と食事をする機会があり、その後に性自認と性的指向について考えて、やっぱりそうだよなと思ったので、今日は性自認と性的指向の関係について書いて行こうと思います。 参考記事:最近よく聞くLGBT。結局これってなんなの? […]

  • […] どうもアラサー男子オスギです。 性的少数者の総称として使われている「LGBTQA+」という言葉。 頭文字をとって総称として使われているため、LもGもBもTもQもAも近しいものと思われがちですが、中身をみていくと一つ一つ全く違うものです。 勘違いしやすいので、今回はそのことについて書いて行こうと思います。 参考記事:最近よく聞くLGBT。結局これってなんなの? […]

  • […] SOGIとはSexual Orientation(性的指向)とGender Identity(性自認)の単語の頭文字をとって作られた言葉です。 Sexual Orientation(性的指向):どの性別の人を好きになるか Gender Identity(性自認):自分の事をどの性別だと自分が認識しているか 参考記事:【LGBTQA】最近よく聞くLGBT。結局これってなんなの? […]

  • コメントを残す

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください