【英語ポッドキャスト】最近聞き出したおすすめオール英語のポッドキャスト

どうもアラサー男子オスギです。
世間はお盆休みですね。
明日からお盆休みの人、多いのではないでしょうか?
自分も明日から少し長いお休みです。

 

さて、今日は最近見つけた英語学習に良いなと思うポッドキャストを見つけたので紹介したいと思います。

 

 

全て英語の番組「All Ears English」

 

先日英語学習のyoutubeを見ていて、この「All Ears English」というプログラムが紹介されていたので、早速聞いて見ました。
聞き始めて3週間程経ちましたが、このポッドキャストは、英語学習者、特に英語がある程度聞き取れる人にオススメだなと思ったので紹介します。

 

All Ears English
https://www.allearsenglish.com/episodes/

 

 

なぜオススメなのか

 

オススメする理由としていくつかあります。
①全編英語なので途中で日本語に邪魔されることがない
②扱っているトピックが日常会話で使われる表現の事が主なので、難しい単語はほとんど出てこない
③英語学習者を対象に行われている
④ネイティブが話すスピードで話されている
⑤リスナーの質問に答えて番組設計をしている
⑥エピソードが900以上豊富にある

 

おすすめポイントを一つずつ説明していきたいと思います。

 

 

①全編英語なので途中で日本語に邪魔されることがない

以前英語学習の為のポッドキャストを3つ紹介しましたが、それはどれも日本語と英語のどちらも出てくるタイプの番組でした。
参考記事:【英語】TOEICリスニング満点495点取る為に聞いていたポッドキャスト!

この番組はパーソナリティが英語のネイティブスピーカーで、全編英語なので、途中で日本語が出てくることはありません。
英語に慣れるまでは少し厳しいかもしれませんが、ずーっと英語で情報が流れてくるので、英語に脳を慣れさせるという点ではものすごく適しています。

 

 

②扱っているトピックが日常会話で使われる表現の事が主なので、難しい単語はほとんど出てこない

これもとっつきやすいポイントの一つです。
内容が日常会話で使われる表現を説明してくれているので、宇宙の話や科学の話、心理学の話など、難しいトピックは扱われていません。
その為、専門知識がなくても理解できる内容となっています。

そして、日常会話で使われる表現を説明してくれるので、英語表現の使い方を勉強するには大変役立ちます。
例えば「have to」と「got to」の違いについて説明してくれていました。
どちらも「〇〇しなければ」という意味ですが、使い分けについて丁寧に説明しています。

 

 

③英語学習者を対象に行われている

これも英語を勉強している人にとってはありがたい点です。
英語学習者向けに番組を作っているため、どのようなところで、英語学習者が疑問に思うのだろうかというところを的確に把握して説明してくれます。
自分の場合、聞いていて、「ん?これどういうことだ?」という疑問が出てきても、そのエピソード内でほとんど説明してくれる事が多いです。

 

 

④ネイティブが話すスピードで話されている

この点は人によっては賛否が別れるかもしれません。
パーソナリティが英語のネイティブスピーカーなので、話すスピードはとにかく速いです。
ただ、この速さがネイティブの話すスピードです。

なので、そのスピードに慣れるという意味ではこのポッドキャストは適しています。
このスピードを聞き取る事ができれば、ほぼほぼネイティブのスピードにはついていける事になります。

 

 

⑤リスナーの質問に答えて番組設計をしている

リスナーに英語に関する質問を随時募集しています。
そして、その質問を元に番組を作っています。
上記で説明した「have to」と「got to」の違いのエピソードもリスナーからこの疑問を寄せられ、それに回答する形で番組を作ってくれています。
なので、リスナーが疑問に思ったことを番組に反映させて、番組を作っているので、双方向のやりとりが発生しています。

 

 

⑥エピソードが900以上豊富にある

もうすでにエピソードが900以上あり、そろそろ1,000に到達しそうなくらい沢山のあります。
900以上のエピソードを全て聞かなくても、タイトルを見て興味を持ったエピソードや自分が疑問に思っている日常会話の使い方などを自分で選んで聞く事ができます。

 

 

オススメだけど、リスニング得意な人向け

 

All Ears Englishのオススメポイントを挙げました。
内容自体は難しくなく、エピソード数も豊富で、リスナーと双方向のやりとりをしながら英語学習者向けに作成されているので、英語を学習している人にとっては大変良いプログラムです。
ただし、ネイティブがかなり速い速度でどんどん話していきます。
さらに、英語だけしか話されません。
そのため、どちらかというとすでにある程度リスニングの実力がついている人、もしくはリスニングが得意な人向けのコンテンツになります。

 

英語のリスニングが少し苦手だなと思う人は、別のもう少しゆっくり話している番組や日本語での解説もあるポッドキャストで練習してからの方が良いかもしれません。

 

 

お盆休み、いろいろなところに出かける人や家でのんびりする人、様々いると思います。
英語学習の中でもリスニング力を高めたいなと思う人は「All Ears English」をぜひ聞いてみてください。

 

ではでは

 

オスギ

3 件のコメント

  • どうも、日本のうどん県香川でマスター課程をしている留学生です。私も最近、この番組のBasicを購入して勉強しています。

  • コメントありがとうございます。
    香川は私の生まれた場所なので、親近感が湧きました。
    マスター過程、そして留学と様々大変なことがあると思いますが、頑張ってください。

  • コメントを残す

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください