【英語】TOEICリスニング満点495点取る為に聞いていたポッドキャスト!

どうもアラサー男子オスギです。
英語のリスニング力を維持、もしくは向上させる為に意識的に英語で話をしているポッドキャストを聞いています。

 

デンマークに1年間留学中、タイでの3年間の赴任期間中、日常生活が英語で、英語漬けな毎日だったのですが、TOEICで900点を超えたことがありませんでした。
正直これだけ英語に触れていたのに、900点超えていなかったのは恥ずかしい事だったのですが、こないだ、無事に900点を超えました。
その時にリスニングテストでは満点の495点を取れました。

 

リスニング力を上げる為に自分が聞いていたポッドキャストの紹介と何を意識して聞いていたか書こうと思います。

 

 

聞いていたポッドキャスト

 

自分はこの3つを聞いていました。
1. 台本無し英会話レッスン
2. 解説!1日5分ビジネス英会話
3. バイリンガルニュース

 

ポッドキャストを聞いたことがある人であれば、この三つは見たことがあるのではないかなと思います。
英語学習のポッドキャストプログラムで、よく上位にランキングされているプログラムです。
1つずつ紹介していこうと思います。

 

1. 台本無し英会話レッスン

リンク:台本なし英会話レッスン

この番組は「英語のそーた」さんとアメリカ人のNate先生のお二人で、毎回様々なトピックを元にその場で即興で会話をしていくというポッドキャストです。
このお二人は「英語のそーた」さんが運営している英会話教室の講師です。

 

このプログラムは大きく分けて2つあります。
隔週水曜日に更新される、Nate先生だけの全編英語だけのプログラム。
毎週土曜日か日曜日に更新される、二人で会話しながらのプログラム。
話す内容のトピックは日常的なものが多いので親近感が湧きやすいです。

 

その中で使用される英単語も専門的な用語は少なく、英語が苦手な人にも配慮されたプログラムだと思います。
そして英語の話す早さはTOEICのリスニングテストと同じか少し早いくらいだと思います。

 

Nate先生だけのプログラムはトピックに対して全て英語でアメリカの文化やNate先生のことを紹介してくれます。
二人で会話しながらのプログラムの1つのトピックに日本の文化とアメリカの文化と両方を比較しながら英語と日本語で会話していきます。
基本的にお二人の会話は英語ですが、途中途中で、「英語のそーた」さんが分かりづらいところや難しい単語を日本語で解説してくれます。

 

トピックもとっつきやすいものが多く、そこまで英語も難しくないので、英語に苦手意識のある人はこれを聞くのがオススメと思います。

 

 

2. 解説!1日5分ビジネス英会話


リンク:解説!1日5分ビジネス英語

 

この番組はマット竹内さんという方が世界で起こっているビジネス関連のニュースについて英語と日本語で紹介してくれるプログラムです。
NetflixやAmazon、Uberの話など世界的有名な企業の話題など、最新のビジネス関連のことを扱っています。

 

一回15分程度なので、聞きやすく、集中力も保ちやすいプログラムです。

 

冒頭に今回のトピックの話があり、その後ナレーターさんが今回のトピックについての記事を読み上げます。
そして、それぞれどういうことが話されているのかマット竹内さんが単語の意味や、どういう文章の意味になっているのかとても丁寧に解説います。
そして、またナレーターさんによって記事が読み上げられます。
最後に、取り扱った記事とは別に世界の偉人たちが残した名言についてさらっと紹介されて、プログラムが終わります。

 

海外の有名企業の話なので、少しでも海外のビジネスに興味があると面白く聞けると思います。
出てくる単語は普段日常会話で使わないものも出てきますが、マット竹内さんが解説してくださるので、ポカーンとすることはないと思います。
英語のスピードはTOEICのリスニングテストと同じか少し早いくらいだと思います。

 

3. バイリンガルニュース

リンク:バイリンガルニュース

 

この番組は様々なメディアで一時期取り上げられていたので、知っている方も多いと思います。
日本人のマミさんと、日本とアメリカのハーフのマイケルの二人が、日本のメディアではあまり取り上げないであろう世界のニュースや最新の論文の内容について、話しているプログラムです。
毎週木曜日に更新されます。

 

トピックはAIの話や、宇宙の話、神経の話、人間の心理の話などとものすごく幅広いです。
最新の論文を読んで紹介してくれるので、「へぇ、そんなことが新しくわかったんだ」と思うことが多いです。
1回のプログラムで基本的に5つのトピックを話しています。(ゲスト回は別です。)
そして1回のプログラムが約1時間〜1時間半くらいと長めです。

 

二人とも英語も日本語もわかるので、英語で話したり、日本語で話したりと、そんなにどっちの言語を話すかのルールはあまりカッツリと決まっていません。
そして英語のスピードはかなり早めです。

 

先に紹介した2つのポッドキャストは日本語での丁寧な解説がありましたが、これはあまり解説はなく、どんどん話が進んで行きます。
なので、わからない単語や何を言っているんだろう?というところが出てきてもキャッチアップするのが難しいです。

 

内容が専門的なことが多いので、わからない単語が多く出てきたります。
ただ、月額240円を払えば、バイリンガルニュースの公式アプリから、話しているが文字に起こされているトランスクリプトが読めるので、それを見ながら勉強することはできます。

 

 

何を意識して聞いていたのか

 

これら3つのプログラムを日常的に聞いていましたが、聞いているときにただ垂れ流しで聞いていたわけではありません。
どのように聞いていたかを紹介したいと思います。

 

意識していたことは、とにかくこのポッドキャストを集中して聞くということです。
そして、集中して、何を言っているのだろうかと考えながら聞きます。

 

ラジオ感覚で聞いていると、聞き流してしまうことがあると思います。
そうすると途中から集中しても、話の内容がわからなくなってしまいます。
なので、最初から最後までなるべく集中力を途切らせずに聞くようにしています。

 

ただ、バイリンガルニュースは1回が長いので、1トピック集中して聞いたら休むという風に、全部通して聞かないようにしています。

 

自分は集中して聞き出してから、聞き取れる単語の量も多くなりました。
そして、意味の知らない単語が出てきても、音だけでなんとなくスペルがわかり、自分で後から辞書で調べられるようになりました。
そうやって、単語の意味を習得しながら、聞き取れる単語の量を増やしていきました。

 

そしてTOEICに臨んだら、リスニングセクションではほぼ知らない単語や聞き取れない単語はなく、スラスラと問題を解くことがでいました。
結果としてリスニングは495点の満点を取ることができました。

 

これはあくまで自分の例なので、これをやったからと言って、みなさんのTOEICのリスニングスコアがアップすると保証はできません。
ただ、英語力は確実につくと思います。

 

聞き流すのではなく、集中して何を言っているのか意識しながら英語のポッドキャスト聞いてみてください。
ポッドキャストを聞くだけは全て無料なので、ぜひ試してみてください。

 

みなさんの英語力向上の助けになればと思っています。

 

ではでは

 

オスギ

2 件のコメント

  • コメントを残す

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください