【トレーニング】 筋肉をつけることって、自己管理をしっかりすること

どうもアラサー男子オスギです。
今日はトレーニングの話。
平日はなかなか筋トレをしにジムに行けないので、土日に行っていますが、トレーニングするとトレーニングについて記事を書きたくなってしまいます。

 

今回は筋肉をつけることは自己管理をしっかりすることだと思ったので、そのことについて書こうと思います。

 

 

筋肉をつけることと自己管理の関係性

 

パーソナルジムのコーチに筋トレの方法を教わり、ネットや書籍で筋トレ前後の食事法・筋肉のつくメカニズムについて最近調べています。
以前の記事でも書きましたが、自分が筋トレする目標は「筋肉を大きくして、体を大きくする」です。
参考記事:【トレーニング】目標を考えて、パーソナルトレーニングのジムに通うことにした話

 

 

平日は仕事を遅くまでしていることが多いので、限りある自分の時間の中でどうしたら効率良く筋肉をつけていけるかな?と調べて、考えながら実践しています。

 

 

筋肉のつくメカニズムだったり、筋トレの方法、食事法などを調べていると、日常生活から変えていく必要があると感じさせられます。

 

例えば、たんぱく質の摂るタイミング、筋トレをするタイミング、そして休憩するタイミングなど、それぞれに適したタイミングがあります。
筋肉を効率よくつけて行くためには、それを優先して生活を組み立てる必要があります。

 

筋肉を効率よくつけていく為には、自分がやっている生活習慣を変えて、新しい生活習慣を管理しながら行っていくことが必要だと感じました。
なので、筋肉をつける為には自己管理をして生活習慣を変えていく必要があると感じたからです。

 

 

Youtuber見ててもみんなしっかり自己管理している

 

筋トレ始めてから、結構筋肉関係のyoutube番組を見るようになりました。
筋トレの方法を参考にして見ているのですが、筋トレの方法以外に食事の仕方についても言及されています。

 

それぞれ人によって筋肉をつける目的は違うのですが、その全員に共通するのは、筋肉をつける為に食べ物、食べ方、筋トレする時間、筋トレの内容、休息のとる時間を意識して管理を行い生活をしていることでした。

 

Youtuberだけでなく、筋肉といえばボディビルダーと思い、ボディビルダーの人の生活も調べてみました。
皆さんの想像どおり、Youtuberよりも厳しい自己管理をしながら、筋肉をつける生活を送っていました。

 

 

筋肉つける為に本格的にやっている人は自己管理ができる

 

この筋肉をつける為の行動ですが、やってみるとわかりますが、結構キツイです。
習慣にできればと考えましたが、自分の筋肉の状態、体の状態、目標によって行動が変わってくるので、全てのことを習慣にしてしまうのは難しいなと思いました。
その都度その都度、行動を変えていかないといけない。
そして、その行動が殆ど自分に厳しく辛いものです。
それを継続していく必要があります。

 

なので、筋肉をつけようと本格的にやっている人は目標に向かって自己管理ができる人なんだなと思います。

 

 

筋肉つける為の自己管理を自分に落とし込んでみる

 

自分の目標を達成する為にはこの自己管理が必要になってくると思っています。
正直なところ、自分に甘いところもあり、辛いことからは逃げたいなと思ってしまうので、どうやったら自分にとってキツイ行動を継続的にできるかと考えています。

 

今の所思いついているのは下記2つです。

①宣言してしまう
このブログもそうですが身の回りの人に自分の筋トレの目標を言ってしまう事です。
宣言してしまった手前、途中で挫折してしまったら、格好つかないですからね、、、

 

②習慣にできることは習慣にしてしまう
例えばたんぱく質の摂取について。
朝会社に着いたら、仕事始める前にプロテインを飲む。
会社の冷蔵庫に納豆を常備入れて、昼に納豆を食べる。
と、食生活については習慣化しやすいと思ったので、このようにしています。

 

今後も自分の立てた目標「筋肉を大きくして、体を大きくする」を達成できるように、キツイ自己管理を色々と考えながらやっていこうと思っています。

 

ではでは

 

オスギ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください