【不安と不満の違い】それぞれの対処法とその考え方。

どうもアラサー男子オスギです。
三連休終わりましたね。
自分は今日も仕事をお休みして、これから日本に帰国します。
明日からまたエビを買って・売っての仕事です。

 

 

さて、今回は「不安」と「不満」についてです。

 

 

「不安」と「不満」の違いわかりますか?


不安と不満、どちらもネガティブな感情ですよね。
不安で夜も眠れない、不満でストレスが溜まる。
どちらもない方が精神衛生上良いですよね。

 

 

まず言葉の意味から見ていきましょう。
まずは「不安」から

 

不安

気がかりで落ち着かないこと。心配なこと。また、そのさま。

goo辞書より
https://dictionary.goo.ne.jp/jn/189739/meaning/m0u/

 

続いて「不満」

不満

もの足りなく、満足しないこと。また、そのさまやそう思う気持ち。不満足。

goo辞書より
https://dictionary.goo.ne.jp/srch/jn/%E4%B8%8D%E6%BA%80/m0u/

 

 

どちらの言葉も日常で感じる事なので、意味を見なくてもわかっていたと思いますが、念のための確認です。

 

 

「不安」と「不満」の違い


さて、二つの意味を見ましたので、「違い」について、自分が思っていることをお話ししたいと思います。

 

「不安」は未来に起こりうるであろうことに対して抱く感情です。
「不満」は過去に起こったことに対して抱く感情です。

 

身近な例を挙げると
「不安」:明日大事なお客さんと商談だ。うまくいくかなぁ。。。不安だなぁ。。。
「不満」:昨日上司と評価面接したけど、自分が思っていたより評価が低かった、不満だ。

 

さて、わかって頂けたでしょうか?

 

自分でも少し思い返してみてください。
「不安に思う事」と「不満に思う事」。

 

 

不安に思う事は未来の出来事に対して、不満に思う事は過去に起こった出来事に対してではないでしょうか?

さて、このことを念頭において、この二つのネガティブな感情をどのように対処していけばいいのか、自分の考えをシェアしたいと思います。

 

 

「不安」への対処法


「不安」になると、夜眠れなくなったり、おろおろして落ち着かなかったり、心細かったりしますよね。
嫌な状態です。
さて、この「不安」に対して自分なりに対処法を持っています。

 

 

繰り返しになりますが、「不安」は未来に起こる出来事に対して抱く感情です。
キーワードは「未来に起こる出来事」です。

 

 

未来に起こる出来事という事は、「不安」に感じている現在ではその出来事がまだ起こっていない状態になります。
ですので、単純にその出来事について「準備」をすればいいと自分は思っています。

 

 

不安に思うのは、その出来事がどうなるかわからないから、どういうものかわからないから、です。
ですので、その出来事が起こるまで、その出来事について調べ、必要であればそれに対して自分にできることを準備する

 


時間的制約がよって、完璧に準備する事はできないかもしれません。
ただ、何もしないよりかは幾分楽になるはずです。

 

 

そして何より、準備をすれば不安は解消できると知っているだけでも不安は若干解消されます。

 

 

ですので、「不安」を感じたら「準備」をしましょう!

 

 

「不満」への対処法


続いて「不満」への対処法について。
「不満」は「不安」とは違い、過去に起こったことに対する感情です。

 

「不満」があるとなんかムカムカして苛立ちますよね。
これもできればない方が、精神衛生上良いですよね。

 

 

不満」を抱いた際の自分の対処法は「振り返って、改善案を考えて、実行する」です。

 

 

「不満」は過去に起こった出来事に対しての感情です。
そして人類共通で残念な事ですが、過去は変えることができません。

 

 

過去は変えられないのですが、未来は変えられるのです!
ですので、過去を振り返り、未来の為に改善し、実行しましょう。

 

 

まず、不満に思った事を振り返りましょう。

 

 

もっとこうした方が良かったんじゃないか、次に同じことや似たようなことが起こったら違う方法でやってみよう、自分に足りないことがあったからそこを努力しようと改善しましょう。
(この時、人のせいにしてしまうと改善できないので、なるべく自責の視点で見てみましょう。もちろん、他人のせいであることが大きい場合もありますが、自分も関わっていた出来事です。自分にも何かできたことがあっただろうという観点から考えてみましょう)

 

 

そして最後にその改善を実行しましょう。
(実行しなければ考えて終わるだけで未来は変えられませんからね。)

 

 

「不満」を感じたら、もうその「不満」の根本原因である過去に起こった出来事は変えられないので、視点を未来に持っていって振り返り・改善・実行しましょう!

 

 

まとめ


まとめてみると
「不案」
未来に起こる出来事に対して抱く感情。
対処方法:「準備する」

 

「不満」
過去に起こった出来事に対して抱く感情。
対処法:過去は変えられないので、未来に同じことが起こった時に備えて「振り返り・改善・実行する」

 

 

自分はこの考え方を知って、実践して、以前より不安も不満も小さくなりました。
「不安」と「不満」がゼロになったわけではありませんが、ネガティブな感情に支配されている時間が短くなって、とても生きやすくなりました。

 

 

行動に起こさなくてもこれらの事を知っているだけで、幾分か楽になり、そして行動すると更に楽になると実感しています。

 

 

皆さんも「不安」「不満」を感じたら、このことを思い出して、何かのお役に立てればと思っています。

 

 

ではでは

 

 

オスギ

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください