【やりたいことをやってみる】ヒゲ脱毛しに行ってみた話

どうもアラサー男子オスギです。
このお盆休みは前からやってみたかった事とか興味あることをやってみようという位置付けに自分の中でしていました。
自分のお盆休みは4日間ですが、その4日間で、「お金のセミナーに行ってみる」「ヒゲ脱毛してみる」「ポッドキャストのオフ会に行ってみる」をやってみました。

 

その中でも「ヒゲ脱毛」は自分にとって色々と新しい知識を得ることができて、世の男性でヒゲ脱毛したいなと思っている人は意外といるのでは?と思い、こんな自分の経験が誰からの役に立つのではと思ったので、記事にすることにしました。

 

 

ヒゲ脱毛しようと思った理由

 

そもそも自分がなんでヒゲ脱毛しようと思ったのかをまずは書こうと思います。
自分はヒゲが濃くて、顔全体にヒゲが生えます。

 

もみあげから顎を通り、反対のもみあげまでヒゲが繋がります。
鼻の下もヒゲが生えて、そして、両方の口角の横も生えるので、生やそうと思えば口の周りを一周ヒゲ生やせます。
そして、両頬もヒゲが生えてきます。

 

さて、仕事の関係上ヒゲは基本的に毎日剃っているので、必要ないといえば必要ないのです。
ただ、学生時代はもみあげから反対のもみあげまでヒゲを生やしていたり、将来は顎髭と口の周りを生やしてダンディさを出したいなぁとか思っています。

 

上記のことから、両頬のヒゲっていらないなと思っていました。
いらないヒゲを今後毎日剃り続けるのって手間だなと思ったので、いっその事、脱毛しちゃえば楽だなと考えていました。

 

そんな中、ネットで、メンズTBCで脱毛体験1,000円とあったので、やってみようと軽い気持ちで申し込みました。

 

 

実際に店舗に行ってから、カウンセリング→脱毛

 

今回のヒゲ脱毛で初めてメンズエステのお店に行きました。
予想していましたが、店内はシックで落ち着いた雰囲気でした。

 

店舗についてからはすぐにカウンセリングが始まりました。
問診票を記入してから、なぜ脱毛したいのか、どこを脱毛したいのか、などなど。
そのあとに、脱毛にもいろんな種類があることの説明、それぞれの効果を説明され、体験ではニードル脱毛をやることの説明を受けました。

 

ニードル脱毛の詳細ですが、細い針を毛穴に刺して、電気を流し、毛根を殺して、抜くと言うものです。

 

家に帰ってから調べてみましたが、かなり古くから行われている脱毛で、永久脱毛するには良い方法のようです。
ただいくつか難点もあります。

 

電気を流すというところで気づいた方もいると思いますが、痛いです。
耐えられないほど痛いかと言われると、自分はそうでもなかったですが、これは個人差があるので、人によっては耐えられない人もいると思いました。
あと、脱毛する部位によっても痛さが変わるだろうなと思いました。
自分は右頬よりも左頬の方が痛く感じました。

 

 

実際にこのニードル脱毛ですが、今回の体験コースでは150本限定でヒゲを抜いてくれます。
なので、右頬・左頬それぞれ75本ずつの計150本抜いてもらいました。

 

ニードル脱毛の施術が終わったら、脱毛した箇所を冷やします。
電気を流して、毛を抜いたため、肌が火照っていてヒリヒリします。
なので、冷却パックを頬に15分くらい当てて、火照りやヒリヒリを沈めます。

 

それが終わったら、カウンセリング室に戻り、自分の脱毛した箇所にあとどのくらいヒゲが残っているのか今後ニードル脱毛を続けていく場合の料金について、これから2−3日の間に施術した場所に対する諸注意の説明を受けました。(家でも施術した場所を冷却する、シャワーはぬるま湯にするなど)

 

これで本当に1,000円でした。

 

 

実際にニードル脱毛をして

 

150本と、今回で両頬全ての毛を脱毛できたわけではありませんが、両頬の上部は脱毛できました。
今触ると、とてもすべすべしています。

 

担当してくださった人からは、両頬で500本近くはまだあると説明があったので、全て取り除く場合はこれからも通い続けないといけないとのことでした。

 

施術した場所はヒリヒリしていましたが、家でも冷水で冷やしたら、今は落ち着いています。

 

上記にも書きましたがニードル脱毛の痛さは自分にとってそこまで問題ではありませんでした。
もちろん、痛かったですが、えられる痛さです。

 

今後、今回脱毛できなかった残りの頬のヒゲを脱毛するかは、正直考え中です。
なぜかと言うと、高いからです。

 

メンズTBCではニードル脱毛の場合、毛1本あたり○○円と決まっています。
脱毛する毛の量によって、1本あたりの単価は変わり、量が多ければ多いほど1本あたりの単価は下がります。
そして、メンズTBCに入会すれば、さらに価格が下がると言う料金設定でした。
入会せず、一番少ない本数でやる場合は毛1本あたり約130円。
入会して、一番多い本数でやる場合は毛1本あたり約79円。(ただし、入会金やその他諸費用がかかる)

 

値段が下がるシステムがあるということは事実ですが、それでも高いなぁーと言う印象でした。
自分の場合、しっかり脱毛しようとすると7−8万円くらいかかると見積もりをもらいました。
なので、この価格で、しっかり脱毛するか、引き続き自分でカミソリでヒゲを剃るか、今はまだ考え中です。
できればやりたいけど、値段が高いと言うのがネックになっています。

 

 

さて、ヒゲ脱毛について書きましたが、いかがだったでしょうか?
行ってみての感想ですが、そこまで敷居の高い感じがしませんでした。
特に体験で初めての来店だったので、スタッフの方も気を遣ってくれていたように感じました。

 

ヒゲ脱毛(ニードル脱毛)の印象自体はいいので、痛みとこの金額に対して問題ないなら、ぜひと勧めたいなとおもっています。

 

あと、女性は脱毛に気を使っていて大変だなということを身にしみて思いました。

 

今後、ニードル脱毛を続けてすることにしたら、またブログでも書こうと思っています。

 

 

ではでは

 

オスギ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください