【お金の話】現金を持たなくなったわけ。楽天Edy・楽天Pay・楽天クレジットカードを使った節約術。

どうもアラサー男子オスギです。
最近ほぼほぼ現金を使わなくなりました。
ここ2年間近く、意識的に現金ではなく、電子マネー・クレジットカードを使う様にしています。
その方がいろいろなところで節約になると思ったので、そのことについて今日は書こうと思います。

 

 

電子マネー・クレジットカードを使う事のメリット

 

自分が主に使用しているのは、「楽天Edy」・「楽天Pay」・「楽天クレジットカード」です。
基本的に楽天のものでまとめてしまっています。
これはなぜかというと、すべて使うと楽天ポイントが溜まるからです。

 

「楽天Edy」はローソン以外のコンビニやドラッグストアで使っています。
「楽天Pay」はローソンで使っています。
「楽天クレジットカード」はそれ以外の買い物で使っています。

 

それぞれ使えば使うだけポイントが溜まっていきます。

「楽天Edy」支払った金額の0.5%分がポイントとして溜まります。


「楽天Pay」
支払った金額の0.5%分がポイントとして溜まります。
そして、楽天Payに登録しているクレジットカードから支払いが行われるので、そのクレジットカード独自のポイントが溜まります。
自分の場合は「楽天クレジットカード」なので、1%溜まります。

 

「楽天クレジットカード」支払った金額の1%分がポイントとして溜まります。

 

通常現金で払っていた場合だと1ポイントもつきませんが、これらを駆使することで、ポイントがどんどん溜まっていきます。

 

 

ちなみにこの楽天のポイントですが、1ポイント1円として、楽天市場や楽天証券、そして楽天Payでの支払いなどに使用できます。
ポイントを使用できるところが多くて、わかりやすいので、使い忘れになることが少ないです。

 

 

なぜ楽天でまとめているのか

 

世の中、いろんな電子マネーやクレジットカードがあります。
その中で、自分はあえて楽天にまとめています。
実際、ポイントの還元率でいうと、楽天は良いわけではありません。

 

 

上記で紹介した通り、0.5%や1%程度です。
クレジットカードだけでいえば、2%や高いもので10%のものもあったりします。
もちろん条件によります。

 

 

これだけ見ると楽天クレジットカードにする必要がないのですが、自分は楽天市場や楽天ブックスでよく買い物をします。
そして、国内出張の宿や海外旅行する際の航空券は楽天トラベルを通して予約をします。

 

 

こうやって、楽天の関連するサービスを楽天の会員になり、楽天クレジットカードを使用していると、ポイント還元率がどんどん高くなり、もらえるポイントが多くなります。

 

 

実際、今月ストレッチ用のクッションを約10,500円で購入しました。
その時いろんなキャンペーンや特典が重なり、通常1%のポイントが、10%ポイントがつき、1,050ポイントつきました。

 

 

時と場合によりますが、ポイントの還元率がすごく良くなる時があります。
なので、私はほぼほぼ楽天1つに絞っています。

 

 

 

とはいえキャッシュを持っていないわけではない

 

 

ここまで、電子マネーやクレジットカードの話をしていましたが、とはいえ、キャッシュも持っています。
これは、念のためのリスク分散です。

 

 

お店によっては現金しか受け付けてくれない場所があったりします。
そして、会社の先輩・後輩と飲み会に行った際に自分が割り勘となったときに、自分がまとめ役でないと、現金で払います。
あと、個人的に習っているピアノのレッスン代は現金で払うことになっています。

 

 

こういうときのために、現金は若干ですが持ち歩くことにしています。

 

 

最終的には好みの問題

 

自分自身は完全に電子マネー・クレジットカードを使った方が、お得だなと感じていて、実際その恩恵を受けて感じられているので、これからも続けるつもりです。

 

 

ただ、人によっては、電子マネーやクレジットカードではどれだけ使ったか感覚がわからず、お金を使い過ぎてしまうという人もいるでしょう。
自分は定期的に「楽天カード」アプリを用いて、今月クレジットカードでどの程度使っているかを確認して、使いすぎていたら、少しセーブしています。

 

 

とはいえ、この方法で予防しようとしても使いすぎてしまう人がいるかも知れません。
他にも電子マネー・クレジットカードを使用することのデメリットがあると思います。
自分が思いつくことをメリットとともに下記に書くので、それが参考になればと思います。

 

メリット

レジでの精算が早い
現金をATMから引き出す時間・手数料を節約できる
ポイントが溜まる
支出額がスマホなどのアプリを通して、瞬時に的確にわかる
現金が盗まれることがない

 

デメリット

仕組みを理解するのに少し時間がかかる
申し込みに時間がかかる
精算の際にどの電子マネー・クレジットカードで支払いができるか確認する必要がある
お金を使っている感覚が薄れる

 

 

まだ他にもメリット・デメリットがあると思います。
これらのメリット・デメリットを含めて自分にどちらが合っていそうか考えて、実践してみてはいかがでしょうか?

 

 

ちなみに楽天のサービスはほとんど無料で利用できるので、とりあえずやってみるには最適だと思います。
初期コストが時間くらいなので、実際にやってみて、自分にあっているのか検証してみることをお勧めします。

 

 

楽天の回し者ではないので、楽天のリンクなどは貼りませんが、ググればすぐに出てきますので、興味ある方は自分でググってみてはいかがでしょうか?

 

 

ではでは

 

 

オスギ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください