【抱負】学ぶのに遅すぎることは無い

どうもアラサー男子オスギです。
2019年になりましたね。
あけましておめでとうございます。
今年もブログ書いていきますので、よろしくお願いいたします。

 

さて、2019年最初の記事はやっぱり抱負を書こうかと思います。
抱負を考えていた時に頭によぎった言葉が「学ぶのに遅すぎることは無い」という言葉です。
会社の先輩が数年前に言っていて、今でも自分が覚えている言葉です。
「学ぶのに遅すぎることは無い」ということなので、今年は「学び」を意識した年にしようと思っています。
結構抽象的ですが、「学ぶ」事を今年の抱負にします。

 

 

なぜ「学ぶ」のか


まず、今年の抱負を「学ぶ」事としましたが、なぜこの「学ぶ」にしたのか大きく2つ理由があるので、それを紹介しようと思います。

 

①できるようになる自分が好き

 

これが一番大きな理由です。
今までできなかったことが、できるようになった自分が好きなんです。
幼少期の時は、「算数の問題が解けるようになった。」
テニスをしていた時は、「サーブが入るようになった。」
ピアノをしている時は「1曲ミスタッチせずに弾けるようになった。」
筋トレしている時は「スクワット90キロできるようになった。」
英語のニュース聞いている時は「この単語を聞き取れるようになった。」
などなど

 

今までできなかったことができるようになったと自分で認識した時、すごく嬉しくて、楽しくて、充実していて、達成感を感じて、幸せです。
なので、2019年には2018年までにはできなかった事をできるようにしていきたいと思ったからです。
その為には「学ぶ」事が必要と感じたので、抱負を「学ぶ」事としました。

 

②何が起こるかわからない将来に備える為

2つ目の理由は、将来への不安を解消する為です。
だいぶ前に不安について記事を書きましたが、不安は未来に対する事象について抱く感情です。
参考記事:【不安と不満の違い】それぞれの対処法とその考え方。

 

将来、自分の予想できない何か大きな事が起こり、今の自分では太刀打ちできず、生きていけないような事が起こるだろうなと漠然と思っています。
仕事のこと・私生活のこと、どちらに起こるのか・両方に起こるのか今はまだわかりませんが、何かしら起こるだろうな思っています。
それらは起こってみないとどんな状況になるかわからないので、今から具体的な準備はできないと思っています。
ただ、それでも今から準備できる事があると思い、それが「学ぶ」ということだと思っています。

 

具体的に説明すると、「学んで一歩ずつ進んでいけば、自分は成長して、その状況・環境に徐々に適応して、いずれ生きていける」という体験を今のうちに実感しておきたいということです。
危機的状況になって、手探りで何を信じて行動していいか分からない中、学んでいくということは精神的にとてもハードで、諦めたくなることだと思います。
でも「一歩ずつ学んでいけば、成長して・適応していずれ生きていける」という経験があれば、それを信じ続けやすくなり、途中で諦めないで最後までやり遂げられると感じているからです。
なので、この経験を危機的状況になる前にしておきたく、それをする為には「学ぶ」が合っていると思ったからです。

 

 

どう学ぶか


では、2019年「どう学んでいくか」について書いていこうと思います。
「学ぶ」方法っていくつかあります。
聞く・読む・話す・書く・教える、などです。
先日インプットよりもアウトプットを2倍にした方が良いという記事を書きました。
参考記事:【アウトプット】アウトプットとインプットの黄金比は7:3

 

それに習って、アウトプットを意識した「学ぶ」をしていこうと思っています。
具体的には
書く:インプットした事を定期的に記事にして、ブログを更新する
話す:ポッドキャスト を収録して、アップロードする
教える:考え中
です。

 

「書く」は今もやっているこのブログを今年も継続していく事です。
「話す」は新しい試みをしようと思っています。
それがポッドキャスト です。
ポッドキャスト はインターネット配信するラジオのようなものですが、自分の番組を作って、発信者になろうと思います。
発信したら、またこのブログで記事にしようと思うので、興味があれば聞いてみてください。
どんな内容を話すかは、配信されるまでのお楽しみです。

 

「教える」については具体的な行動を決めきれていないので、考え中です。
これについては思いついたら、それを実行しようと思っています。

 

 

「学ぶ」を継続する為に


2019年は「学ぶ」年にします。
途中で、なんとなく怠けてしまうときもあると思います。
そして、やめたくなるときもあると思います。

 

そんな時にでも、「学ぶ」を続けようと動機付けしてくれる言葉として、「学ぶのに遅すぎることは無い」という言葉をいつでも思い出せるようにしておきたいと思います。
この言葉の意味は字の如くです。
年齢や時期を言い訳にして学びを止めないようにする言葉です。
過去は変えられない。
つまり、今から学ぶしか無いのです。
そして、今から学んでも遅いことはないということです。
新しい事を学べば、新しい発見があり、それによって新しいことが出来るようになる可能性があるからです。
周りを気にせずに、学びを進めていく為に、この言葉を大事にして学んでいきたいと思います。

 

 

皆さんはどんな抱負を立てて、どんな2019年になって欲しいと思っているのでしょうか?
人それぞれだと思いますが、それが叶うような1年になるように祈っています。

ではでは

 

オスギ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください