【ストレス対策】通勤時のストレスに負けない為に。キーワードは「目的意識」

どうも、アラサー男子オスギです。
夏ですね。
自分は夏は比較的好きな季節です。
なんとなく夏ってスカッとしてて、青空が綺麗でいいですよね。
ただ、夏場の通勤時の満員電車は非常につらい。
夏場でなくても満員電車はつらいですが。
そんな通勤時の満員電車のストレスに負けない方法を本で読んで、実践してみたら、「あ、これいいじゃん!」って思ったのでシェアしたいと思います。

 

 

長時間の通勤時間についての研究結果

 

満員電車の話の前に通勤時間について。
あるリサーチによると首都圏のサラリーマンの平均通勤時間は約58分だそうです。
この通勤時間について様々な研究がされており、どれも通勤時間が長い方が悪いという結果ばかりです。
詳細は割愛しますが、通勤時間が長いと「肥満になる」「離婚率が高くなる」など。
ただ、通勤時間が長いだけならまだしも、そこに満員電車が加わると、大変大きなストレスがあることが容易に想像できますね。

 

 

体に悪い長時間通勤・ストレスの多い満員電車

 

これから会社に出社して仕事するぞっていうときに、会社に行くまでに長い時間がかかり、かつ満員電車だったら、会社に到着する前に体力・気力を使ってしまい、会社での仕事の生産性が下がりますよね。

 

 

自分もそうです。片道約1時間。
電車を乗り換えるまでの約30分間はほぼ本は読めない・携帯も見れない、毎日混んでいる電車に乗っています。
なぜ会社に行くまでこんなにつらいんだろうか・・・
会社に来ただけなのに、すごく疲れた・・・
という感じでした。
そんなにつらいなら、会社の近くに引っ越せばいいのですが、家賃の問題や家庭の事情などで引っ越せないのです。
そんな自分が最近実施している、通勤時のストレス対策についてお話しようと思います。
これをやりだしてから、通勤時間があっという間で会社に到着しても疲れていなくて、どちらかというと家を出た時よりも、頭がさえている感じ。
そんな方法を自分はある本で見つけて、いいなと思ったので、皆さんのお役に立てればと思い、紹介します。

 

 

「目的意識」をもって、何かに取り組むだけ

 

やり方はいたって簡単。
何か「目的意識」をもって、それに集中して取り組むだけ。
本で紹介していましたが、これはハーバードビジネススクールの研究チームが見つけたことだそうです。

 

 

どういう事かというと、満員電車でやりがちなことは
「満員電車つらいから、その苦痛から逃げる為に音楽を聞こう・ゲームをしよう」だと思います。
これだとストレスは全く軽減されないそうです。
今回の研究での結論でストレス耐性をつける為には、「目的意識」をもってそれに向かって作業をすることです。
例えば
「今日はこういう仕事をやるからそれに向けて、通勤時間中に考えて準備をしよう」
「この通勤時間1時間で、英語のニュースをを集中して聞いて、英語のリスニング力をたかめよう」
など

 

 

つまり、満員電車がつらいから何かに逃げてぼーっとするのではなく、今日は満員電車でこれをやろうと決めて、それを集中して行う事です。

 

 

ポッドキャストを聞く・本を読む

 

ストレス対策の方法を知って、最初は「そんなことじゃ、たぶんストレス減らないよ」と思っていました。
半信半疑、眉唾ものだろうなぁと、今思えば研究チームに失礼ですが、まったく信じていませんでした。

 

 

とはいえ、きちんと出版している本に書かれていることだし、ハーバードビジネススクールの研究だし、とりあえずやってみるか。と思い、1回やってみました。
最初にやったのは、英語のポッドキャストを集中して聞いてみる。

 

 

実は自分、よくポッドキャストを聞いていたのですが、携帯をいじりながら聞いたり、本を読みながら聞いたりと、ほぼポッドキャストに集中せずにただ流し聞きしていました。
その流し聞きを止めて、
一字一句、英語で何をいっているのだろう?
聞いた中で知らない単語あっただろうか?
あったら、満員電車降りたら辞書でしらべてみよう!
と思いながら集中して聞いてみました。

 

 

そしたらやり始めた日、満員電車に乗っていたのですが、あっというまに乗り換え駅に着いて、なんだか頭は冴えていて、すっきりしていました。
かつ、会社に到着してもいつもより元気で、会社ついてそうそう「つかれたぁ」という感覚は有りませんでした。

 

 

この方法を始めてもう2週間たちますが、今の所、会社に出勤する道中で、「通勤つらいなぁ」と大きく思う事は今の所ありません。
寝不足で朝眠い時も、通勤中のつらさは明らかに以前よりも楽になったと、体感しています。

 

 

皆さんの中で通勤時間が長く、満員電車の人は試してみる価値ありだと思います。
「目的意識」の目的なんて正直なんでもいいと思っています。
大事なのは、目的意識をもって、「何かに集中する事」です。

 

 

自分は今のところ下の2つのどちらかをしています。
紹介した「英語のポッドキャストを集中して聞く」
もう一つは若干車内がすいているときに「本を読んで、読んだ部分の簡単な要約を乗り換えたら書く」
です。

 

 

この二つが自分にはしっくりきているので、今後も続けていこうと思います。
ぜひ読んでくれた皆さんも興味があったらやってみてください。
最初は目的意識を持つことが難しいかもしれませんが、最初のやり始めはハードル低くいきましょう。
何日かやっているうちに、このまま継続してやろうとか、ここをこう修正しようとか、これはやっぱりやめようと何かしらアクションをすると思います。
そういう振り返りをして、修正していくことを何度も繰り返して、自分に合っている方法を見つけて下さると、自分としてもうれしいです。

 

 

ではでは。

 

 

オスギ

2 件のコメント

  • コメントを残す

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください