【習慣化】三日坊主にならない為に習慣化へのコツ!まずは小さい目標を毎日行う。

どうもアラサー男子オスギです。
毎日暑い日が続きますね。
これがまだ7月中旬なので、まだまだ続くと思うと少し嫌になりますね。。。

 

 

さて、今日はこないだ読んだ本の中に「習慣化」するコツが書いてあったので、それをシェアしたいと思います。
良い行いを「習慣化」できるといいですよね。
例えば筋トレ、読書、勉強など。
ほとんどのことに適応できる方法だなと思ったので、シェアしたいと思います。

 

 

コツは簡単!小さい目標を立てて、毎日こなすだけ!

 

本を読んでいて繰り返し書かれていましたが、コツはいたってシンプルでした。
それは「小さい目標を立て、毎日行う

 



もっと詳しく書いていきましょう。
どういうことかというと、自分が毎日できないわけがない目標を立てるのです。
筋トレでいえば「腹筋を1回する」
読書でいえば「1ページ読む」
勉強でいえば「1問練習問題を解く」

 

 

馬鹿馬鹿しいと思う方もいらっしゃると思います。
でも本当にこれだけです。
これを毎日続けていくのです。

 

 

なぜ小さな目標がいいのか

 

本の中には、習慣化するのには「小さい目標」が良い理由が沢山書かれていました。
全部は書ききれないので、その中で自分が重要だなと思った事を書こうと思います。
他にも沢山理由がありましたが、これを読んだだけで自分は「小さい目標」立てようと思いました。

 

 

<毎日繰り返し行う>
まず、習慣化するまでにはその行動を毎日繰り返し行う必要があります。
これは脳に、何も考えずにその行為をするよう覚えさせるためです。
詳しい脳の話は省きますが、習慣化する前は、脳はまだその行動を「やるのか、やらないのか」毎回、考えて決断しています。
その決断をやめさせて、「これは毎日やるものだ」と覚えさせる必要があります。
その為に毎日繰り返し行う必要があります。

 

 

<繰り返し行う為に小さな目標を立てる>
繰り返し毎日行うのは最初は難しいことです。
習慣となる前は毎回脳がやるのかやらないのか考えています。
そして、脳が毎日やるものと覚える前に、やらなくなってしまうと、習慣化せずに終わってしまいます。
そこで、先ほどから書いている「小さな目標」が役に立ちます。

 

 

先ほど紹介した「小さな目標」ですが、「腹筋を1回する」というのは、どんな日でもできることだと思います。
苦痛では無いからです。
仕事で疲れて帰ってきても、酔っ払って帰ってきても、雨の日も寒い日も、出来ると思います。
毎日できると思います。
これが大事なんです。

 

 

毎日どんなことが起こっても必ずできる「小さくて人によっては馬鹿馬鹿しいと思う目標を立てます。」

 

 

先述しましたが、脳に「これは毎日やるものだ」と覚えさせる為には、毎日やる必要があります。
つまり、できない日をなくす為に「小さい目標」を立てるのです。

 

 

<大きい目標をたてたい場合>
人によっては私は毎日腹筋30回できます。
本を毎日30ページ読めますという人がいるかもしれません。
もちろんそれは良いことだと思います。

 

 

そして、それを毎日どんな状況でも続けられるのであれば、その目標でも構わないと思います。
本当にそれを毎日続けられるのであれば。。。

 

 

なので、どんな状況でもできると感じられる程、目標は小さくしたほうが習慣化には良いのです。
そしてあまりに小さい目標だと、やらない理由がないのです。
サボる理由を自ら作れない
ので、毎日やることになるのです。

 

 

ちなみに、上記で紹介した三つの例で、あれも毎日やるのは難しそうと思う方がいらっしゃったら、下のようにさらに簡単な目標にしましょう。

 

 

筋トレでいえば「腹筋を1回する」→床に寝転がる
読書でいえば「1ページ読む」→本の表紙をみる
勉強でいえば「1問練習問題を解く」→問題集を机の上に用意する

 

 

こんなことでも毎日やれば習慣となります。

 

 

目標をたてた最低限の回数をすればいい。

 

小さな目標は習慣化する為に必要なものなので、目標をたてた最低限の回数を行えば良いのです。
行う内容の質・量よりも毎日行うという事実の方が重要です。
もちろん多くやることは悪いことではありませんが、あくまで目的は習慣化のためで毎日やることを忘れないようにしましょう。

 

 

ちなみに立てた目標をやり出すと、調子がものすごく悪い時でもない限り、目標回数以上までやることが多いと思います。
やってみると気づきますが、目標の回数までで終わることは、ほぼないです。
腹筋1回やったけど、結局始めたら20回やっちゃった。などです。
多くやってはいけないことはないので、やりたければたくさんやりましょう。

 

 

いつまで続ければ習慣化するのか

この問いに関しては明確な答えはありません。
習慣化したい事柄の難易度、取り組む人の能力に依存してくるからです。
事柄の内容が難しければ時間はかかりますし、取り組む人の能力が高ければ時間は短くなるでしょう。
なので明確な日数はありませんが、目安として難易度の低いもので21日程度と言われています。
ただ、難しい言葉らや本人にやりたいという意思が無いと200日以上かかる場合もあるそうです。

 

 

習慣化されているかどうかのポイントはその行動をするときに、無意識的にスタートしているかどうかです。
例えば、今日やろうかな?どうかな?と考えているうちは習慣となっていません。
気づいたらやり始めているというようなレベルまでなっていたら、もう習慣化されています。

 

 

最後にまとめ

 

習慣化するコツは「小さな目標」を立ててそれを「毎日行う」です。
その「小さな目標」は馬鹿馬鹿しいほど小さくしましょう。
毎日やらない理由を探すのが難しいほどに。

 

 

そして毎日続けているうちに習慣化されています。
いつの間にかに。

 

 

皆さんも、何か続けたいことがあって三日坊主になりたくない場合は「小さな目標」を立ててみてはいかがですか?

 

 

ではでは

 

 

オスギ

4 件のコメント

  • コメントを残す

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください